東北復興支援「利き酒大会」のお知らせ

・日時:8月25日午後5時半~(受付開始:午後4時~)

・参加費用1人:500円

 祖霊社(御祭神:大伴家持卿)のお祀りに併せ、東北(福島)復興支援のため、福島県酒造の日本酒で利き酒大会を開催。

【趣旨】

 福島県安積(あさか)山地周辺の伝説に『桓武天皇の御代、延暦元年、天皇の命により、東国平定に向かった陸奥鎮守府将軍・大伴家持卿は、安積山地周辺で蝦夷(えみし)らの強い抵抗に遭い行く手を阻まれた。家持卿は身を清め、高旗山山頂に登り、神々に祈りを捧げたところ、瀬織津姫神が示現され、安積の山々に様々な奇瑞が生じた。それ以来、蝦夷は家持卿に恭順した。』と伝わる。この伝説に因み、祖霊社(御祭神;大伴家持卿)のお祀りに併せ、東北(福島)の復興を支援する目的で

本大会を企画。

【関連】第八回東北復興支援祭

​8月25日開催:利き酒大会申込フォーム
【確認事項】20歳未満は参加できません。