母衣武者衣装の奉納

4月5日、四日曽根町自治会から、当時使用されていた母衣武者衣装及び加藤清正馬印が奉納されました。

​当該衣装は、放生津八幡宮祭 神輿渡御行列に使用されたものです。

当宮の神輿渡御に関する記録によれば、行列には、戦前頃まで氏子町内から御旗、新馬、お神楽渡し、各町獅子舞等が参加しており、今回奉納された「母衣武者」も隊列に加わっていたことが確認できます。

「母衣武者」は当時の子どもたちが武者に扮して行列に参加した際のものであります。

 今般、四日曽根町自治会より発見した旨、報告を受け、当宮にて管理することとして奉納していただくこととなりました。